キッチン水栓の固すぎたカバーナットが回った

キッチンの水栓から水が少しずつ漏れてきてたので夫が修理してくれた

シンク下の壁側にあったパネルを外して水を止めた。

シンク下の水栓


シンクの下の壁側にパネルがあって外せるようになってた。シングルレバー混合栓なので水用とお湯用、両方閉めた。

KVKのKM336Aという機種。ネットや取説で調べて必要なものを購入。
シングルレバーカートリッジPZKM110C。(色と形が元のとは少し違ったけど問題なく使えた)
パッキンセットはPZ213NPK。

工具は、台付きシングルレバーカートリッジ取外し工具 PG26。

固定ナット外し工具 G22

この2つで試してみたのだけど、カバーナットが固着して回らない。G22がゆるい上にナットの部分が狭いのできちんとはまらず余計に回らない。無理するとなめそうだったのでその日は一旦諦めることにして、お湯やお酢をかけたりした。

ASH 片口めがねレンチ38mm RS0038を買う。



G22の代わりに片口めがねレンチを、PG26にダイソーで買っためがねレンチをかまして、てこの原理を利用して回した。

カバーナットを外す

古い蛇口なので、回らなかったら業者さんにお願いした方がいいかなと私は思っていたのだけど、夫さんは全部揃えたので大丈夫とがんばってくれた。今は水漏れもなく使いやすくなってる。